スポンサーサイト 
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ローグアサシン[ROGUE ASSASSIN(War)] 
[映画]:映画のカー! | TOP ▲
ジェット・リーとジェイソン・スティサム共演のアクション映画で、原題は『WAR』なのですが…大きなお世話ですがこれは大雑把なタイトルですよね(^^;)。劇中タイトルが出る際「悪漢暗殺者」「闘争」「闘争する二家族」なんて文字が表れますが、これらや邦題「ROGUE ASSASSIN」の方が内容には合っている気がします…。2007年作品です。
[Spyker C8 Spyker]
(スパイカーC8スパイダー)
スパイカーはジェット・リーの演ずるローグの愛車として登場します。『氷の微笑2』では冒頭登場して即川にドボン!してゲンナリだったスパイカーですが、本作ではちゃんとカーチェイスシーンもあり一安心。登場シーンも割と多めですよ(^^)。
このオランダ製スーパーカー・スパイカーのスペックは4185mm×1880mm×1080mm(全長×全幅×全高)、車重1250kg、7000回転で約400馬力を発生するアウディ製4.2LV8エンジンをミドに搭載し、後輪を駆動します。最高時速は約300km/h。リモコンでドアを自動で開ける事ができるのですが、どうやら閉めるのは手動…みたいです(劇中でも該当シーンあり)。今風のモダンなシルエットの車体に古風な装飾類を惜しげもなく施した、レトロ風味のスタイルが多い昨今でも、ありそうでちょっと無いスーパーカーですよね。ちょっと表情が最近のアストンっぽいかな…。
ジェイソン・ステイサム演ずるジョンの駆る車はシボレーシェベルSS(1969-Chevrolet Chevelle SS)。スパイカーとカーチェイスする前に傷モノになってしまうのが何とも…。向こうの作品だとアメ車関係は割と惜しげもなく壊してしまいますが、希少価値がそう高くないのでしょうか…。もちろんノーマルグレードをホットモデルに偽装したりはするのでしょうけど、それにしても年代的にグレードに関わらずそう個体数多くない気もするのですが…。
ストーリーの基本は復讐劇なのですが、この作品の日本感がかなりオカシイです。
F430やガヤルド、スパイカーをはべらせた「ヤクザ本部(そうテロップが出ます)」。「下手の横好き」「掃き溜めに鶴」と書かれた掛け軸のある変な日本料理店。突然「サラダ食べたい!」と喚くデヴォン青木。 怪しげな日本語を使うジェイソン・ステイサム(字幕が欲しいです)。日本人もキャスティングされているのにコレですから…あきらかに狙っているか開き直っているのでしょうけど、トンデモ日本に気を取られていると、ラストのどんでん返しにビックリします。
そうそう、『ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT』に登場した川井ちゃん似の人も登場しますよ(^^;)。彼、何気に海外ドラマや映画でよく見ます。


ローグ アサシン DTSスペシャル・エディション『ローグ アサシン DTSスペシャル・エディション』
(2008/02/22)
ジェット・リールイス・ガスマン
商品詳細を見る
[2008/09/22 15:29] | [映画]:映画のカー! | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。