スポンサーサイト 
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
デュークス・オブ・ハザード [THE DUKES OF HAZZARD] 
[映画]:映画のカー! | TOP ▲
別題『爆発!デューク2005 デュークス・オブ・ハザード』。2005年作品。
全米で人気だったTVシリーズ『爆発!デューク』のリメイク・映画版です。
[1969 Dodge Charger"The General Lee"]
(1969年型 ダッジ・チャージャー「リー将軍」)
「リー将軍」ことダッジ・チャージャーは冒頭は色褪せたオレンジ色に丸い「01」ナンバーだったのですが、アクシデントにより修復され新たなオレンジ色に角張った「01」ロゴ、318からHEMIエンジン(R/Tの440?)、新たなホイールが奢られます。その際に南軍連合旗(現在では白人至上主義と人種差別の象徴とされる)を勝手に屋根に描かれて後にトラブルに合うのですけど…。

固定式のドアはTVシリーズの方ではNASCARのように剛性確保の為だったようですが、本作では単に修理の気が回らなかった為のようで…(^^;)。外観はこのナリですが、内装は明るめで整っているのがポイント。

この「リー将軍」が全編で縦横無尽に暴れ回ります。道だろうが荒れ地だろうが野原だろうが、当たるわ回るわ飛ぶわ(それもやたらに高く舞い上がる)で、車というより馬が駆け回っているようで痛快です。
シートは当時の雰囲気と後ろに乗せる姉さんとの会話が弾む…という事でヘッドレストの無い古いタイプなのですが、これがちょっと観ていて首が心配になり怖いです(当然スタント時は違うシートでしょうけど…)。

70~80年代に全米で大人気だったTVシリーズ『爆発!デューク』。しかし日本では今ひとつの人気で、すぐ打ち切られてしまったそうで。そんな状況ですから本作も日本では未公開扱い…しかし本国では大ヒット。バートレイノルズが出演していますが、内容もそのまま『トランザム7000』のような陽気なカーアクションものです。当時の雰囲気そのままで現代に制作したような、単純明快なお馬鹿アクション映画です(^^;)。
映画『ブリット』で「マスタング vs チャージャー」のチェイスがありましたが、今作でも終盤に因縁の対決が。


デュークス・オブ・ハザード ノーカット完全版『デュークス・オブ・ハザード ノーカット完全版』
(2008/04/11)
ジェシカ・シンプソンショーン・ウィリアム・スコット
商品詳細を見る

[2007/08/08 18:47] | [映画]:映画のカー! | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。